サイト内検索(by Google)
TOPICS

結婚式の引き出物で縁担ぎで入っているグルメギフト

最近誰かの結婚式に出席しましたか?結婚式でもらう引き出物は、明らかに時代とともに変化を遂げています。
ボリュームがあればあるほどいいという、ボリューム重視の引き出物文化は今ではもう見かけません。今の時代は、とにかくなんでもスマートが重要。さらに今の時代に合ったおしゃれなものをセレクトする新郎新婦がほとんどです。
それは、縁担ぎのグルメギフトを見ればすぐにわかることでしょう。
縁担ぎのグルメギフトとは、2人の結婚が末永く幸せになるようにという意味を込めたもの。カタログや食器などの引き出物とプラスしてほとんどの場合、縁担ぎの食べ物が入っていることが多いと思います。
ひと昔前なら、鰹節。鰹節が選ばれていた理由は、鰹は背中の節のことを雄節と呼び、腹側の節を雌節呼ぶので、夫婦円満の意味があるそうです。

しかし、今の時代、いくら縁起物とは言うものの鰹節をもらってもなぁと考えるゲストの声や、もっとおしゃれなものはないのか?と考える新郎新婦の思いもあり、鰹節に変わる縁起物のグルメギフトとして、主に20〜30代の間で、バームクーヘンが定着化しています。
バームクーヘンが新たな縁担ぎとして選ばれるのにももちろん意味があります。
バームクーヘンとはドイツ語で年輪という意味。年輪は歳を重ねることに例えられ、2人で一緒に末永く同じ時を歩むという意味として捉えられているそうです。
ドイツでもお祝い事でバームクーヘンを贈る文化があるみたいです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017引き出物はカタログギフトがいい.All rights reserved.