サイト内検索(by Google)
TOPICS

引き出物においては出席者別のギフト

物を受け取った時、突然もらうこともあれば、ある程度心の準備ができている時があります。
どちらになるかで、かなり違います。
突然もらう場合においては、最近では、サプライズと呼ぶこともあります。
それくらい、価値観が変わるものです。
事前に渡すことがわかっているものに関しては、どうしてもサプライズ感を出すことができにくいことがあります。
となるとあまり喜んでもらえないこともあります。
それを持ち帰ってもらう時も、あまりいい気分ではありません。

結婚式といいますと、引き出物を渡すことが定番になっています。
もし渡さなければ、ブーイングが出るかもしれません。それくらい当たり前のものです。
渡してはじめてプラスになるので、ただ渡しただけでは、特別な思いを持ってもらえません。そこで考えたのは、出席者別のギフトです。
それまでは、全出席者に同じもののことが多かったと思います。
公平性のことを考えてもこちらのほうが良かったです。

でも、サプライズ感覚を持ってもらうために、変えるのです。

特に新婦側の同年代の女性の出席者に対しては、女性にあったものを選ぶようにして、それを渡すようにします。
そうすることで、出席してよかったと思ってもらえるでしょう。
親戚であったり、新婦側については、それなりのものでも問題ないでしょう。
カタログタイプのものであれば好き嫌いなく選ぶことができるメリットが有るのですが、手を抜いた感も拭えません。きちんと選んだ思いを伝える方法にするのです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017引き出物はカタログギフトがいい.All rights reserved.